2017年04月26日

好評につき再放送!

チョイ住み in リスボン」が再放送されます!
NHK BSプレミアム
5月4日(木) 午前9:00〜10:30
格闘家・小川直也と俳優・竹内涼真がポルトガル・リスボンで生活!
☆番組HPでは、インタビュー、番外編などのネット動画も閲覧できます☆
posted by オーちゃん at 14:19| 出演情報

2017年04月22日

ピザ

今日は小川道場です!
生徒さんにナポリの窯のピザのオーナーさんがいます!
宮下さん!一般クラスで汗流しています!
いつも道場生に差し入れしてくれてはいたんですがいつも私が不在の時。
今日はやっとタイミングがありました。
遅れて来た私は
この中に溶け込めず
この中にも溶け込めず
この中にも。
結局、居てもいなくても一緒だね。
でも、部屋中いい匂い。
食べたいけど、物凄い数だけど、ピザの他にサラダやサイドメニューもあるけど、俺が食べたらみんなに分け前減るもんね^_^

兎にも角にも、宮下さんいつも差し入れありがとうございますにこにこ
これからも引き続き差し入れお待ちしております!
今度は溶け込んで食べれれば^_^



posted by オーちゃん at 15:01| 日記

2017年04月13日

プロデビュー20周年

12日でプロレスデビュー20周年迎えました!
ここまでこれたのも応援してくださった皆様のお陰だと思います。
この場を借りてお礼申し上げます。

デビュー当時は29歳。年齢からして一年、いや一日一日が勝負でした。まさか、20年続けれるとは夢にも思いませんでした。

世間では浅田真央ちゃんが引退発表しましたね。国内全体が引退を惜しみ残念がる日に私はその日がデビュー20周年。

複雑です。

デビュー20周年の年は柔道を引退したのもその年。
柔道では競技生活と年齢的にJRA職員としての仕事の両立に限界を感じ、プロレスと言うエンターテイメントの世界に身を投じ、プロレスの第一人者であるアントニオ猪木の弟子として付き人としてスタートしました。
師匠のアントニオ猪木の付き人生活を3年。それから独り立ちして17年。
付き人生活の時にプロの哲学をみっちり学ぶ事が出来たのが今もこうして小川直也としていさせて貰えることに考え深いものがあります。

20年とはあっと言う間でとても濃い20年です。
柔道では19歳で世界王者となり10年間世界の舞台、2度のオリンピックを経験したのを考えると足掛け30年全力で走ってこれました。その中には毎日毎日が色々な出来事だらけで書ききれないくらいです。

実は今日、これを桜の下で書いてます。
こんなに桜をじっくりと見ながら落ち着ける時間が来れる事も嬉しい。

最近、同級生と話す機会が多いんだけど、俺たちいつまで生きれるのかな?って会話も飛び出すもんな。
そりゃあそうだ。気が付きゃ子供が20歳。オリンピック候補選手になっている。
今月の29日は全日本柔道選手権大会。
俺の柔道選手時代は、その29日はいつも憂鬱な日。特に4月に入ると気持ちブルー。柔道選手からプロレス行った時はその解放感が幸せだった。もう、考えなくていいと思っていたら、子供が俺と同じ道選んだもんだから、またブルーになっている。

俺のみどりの日はどこまでブルーが続くのかね?
俺のとってはみどりではなくブルーの日だよ。

さぁ、現在から行くぞ〜!

3,2,1,ハッスルハッスル!!







posted by オーちゃん at 10:26| 日記

2017年04月12日

あの時・プロ格闘家小川直也の挑戦

スポーツ報知に「あの時・プロ格闘家小川直也の挑戦」を連載
posted by オーちゃん at 13:17| 日記

一日編集長に!

オーちゃんが、講談社「ベストカー」の一日編集長になりました!bestcar.jpg

posted by オーちゃん at 13:12| 出演情報

2017年04月08日

「Goo Bike」に登場

Goo Bike」(プロトコーポレーション)
5月2日発売号に登場します!
posted by オーちゃん at 13:57| 出演情報

2017年04月02日

残念と遺憾

今日は息子の応援で福岡に来てます!
全日本体重別選手+100sでエントリー。
初戦でリオの銀メダリスト原澤選手と対戦。あと一歩のところで惜敗。
次はと思わせる内容でした。
勝負行って負けたから一から出直し。

これとは別に試合観戦しての雑感。
ここからはあくまでも雑感ですよ!

今日は雄勢の試合を間近で見てて、試合中残念に感じたのは、審判のジャッジに?があったと感じた。
まぁ、全体的に統一感があるかと言われれば無かったかな。

偶然か昨年と同じ審判員にジャッジして貰ったけど昨年も?があったんだよね。その時は場外指導だった。昨年は言いたかったけど我慢して黙っていたんだけどね。

今回は2回目!余り言いたくないけど、公平にジャッジして貰いたいよ。それで負けたなら納得行くよ。

今回の場合、最初の指導一つ目は見方だから100歩譲っても許したくはないけど、許す^_^
と、してもね。二つ目はどう見ても攻めているのは雄勢なのに攻めている雄勢に指導が来た。指導与えて試合を動かすための策は理解出来る。ただ、攻めている最中に指導とは理解し難い。だから受けていた原澤選手に指導とまでは言わないけど、見ててこれはチョットね?と、思う。

試合って、指導一つで展開が変わるからたまったもんじゃないよね^_^
指導二つだと後がないから行くしかないよね。

俺に恨みでもあるのかね?って周りからは揶揄されたけど、その審判員の事チェックしたら心当たりあった^_^
それはないと信じたいけど、もしそれが少しでも心の隅にあったら残念であり遺憾だよね。
でも、何故2年連続であの審判員に当たるのか?不思議だよね。


昨年の講道館杯もそうだったけど、ジャッジで不満が残るのは残念だよ。
余り言いたくない事だけど、黙っているとまた起きる気がする。
うちの息子ばかりじゃないけど、このブログを見てこんな事がもう起こらない事を願うよ。
posted by オーちゃん at 18:08| 日記