2017年04月02日

残念と遺憾

今日は息子の応援で福岡に来てます!
全日本体重別選手+100sでエントリー。
初戦でリオの銀メダリスト原澤選手と対戦。あと一歩のところで惜敗。
次はと思わせる内容でした。
勝負行って負けたから一から出直し。

これとは別に試合観戦しての雑感。
ここからはあくまでも雑感ですよ!

今日は雄勢の試合を間近で見てて、試合中残念に感じたのは、審判のジャッジに?があったと感じた。
まぁ、全体的に統一感があるかと言われれば無かったかな。

偶然か昨年と同じ審判員にジャッジして貰ったけど昨年も?があったんだよね。その時は場外指導だった。昨年は言いたかったけど我慢して黙っていたんだけどね。

今回は2回目!余り言いたくないけど、公平にジャッジして貰いたいよ。それで負けたなら納得行くよ。

今回の場合、最初の指導一つ目は見方だから100歩譲っても許したくはないけど、許す^_^
と、してもね。二つ目はどう見ても攻めているのは雄勢なのに攻めている雄勢に指導が来た。指導与えて試合を動かすための策は理解出来る。ただ、攻めている最中に指導とは理解し難い。だから受けていた原澤選手に指導とまでは言わないけど、見ててこれはチョットね?と、思う。

試合って、指導一つで展開が変わるからたまったもんじゃないよね^_^
指導二つだと後がないから行くしかないよね。

俺に恨みでもあるのかね?って周りからは揶揄されたけど、その審判員の事チェックしたら心当たりあった^_^
それはないと信じたいけど、もしそれが少しでも心の隅にあったら残念であり遺憾だよね。
でも、何故2年連続であの審判員に当たるのか?不思議だよね。


昨年の講道館杯もそうだったけど、ジャッジで不満が残るのは残念だよ。
余り言いたくない事だけど、黙っているとまた起きる気がする。
うちの息子ばかりじゃないけど、このブログを見てこんな事がもう起こらない事を願うよ。
posted by オーちゃん at 18:08| 日記